【FE】風花雪月 黄色(金鹿・クロード)ルート 感想【ネタバレあり】

FE風花雪月を買って5日間ほどでクリアしたので感想を書きたいと思う。
クリアまでは40時間ほどかかった。クエストはほぼすべてこなし、遭遇戦は外伝以外やらなかった。

で、最初に選んだルートはレスター諸侯同盟『金鹿の学級』クロードルート。難易度はハード。
1番人気がなさそうだったから選んだのだが、オンラインの状況見ると2番人気だったようだ。

1番はもちろんエーデルガルドで3番はディミトリだった。これからどう評価されるのだろうか。
前置きはさておき、これから感想を書いていきたいと思う。

やっぱりFEはおもしろい

クリアした感想としてやっぱりファイアーエムブレムは面白いということを再認識した。
自分はFEシリーズを半分ほどやっていてクソゲーと呼ばれている暁の女神ですら楽しめたので、FEっぽいなら何でも楽しめるタイプである。

他のFE作品と比較すると烈火の剣くらいの満足度になるのではないかと思う。
よくマイナス点として見られる、FE名物の破綻したストーリーでもなかったし、ものすごい不満点もなかった。

キャラクー育成ゲームとしては素晴らしい出来だったと思う。
そんなわけでそれぞれの要素について感想を述べたい。

ストーリー

FEのストーリーというと個人的に最高なのが聖戦トラキア、普通なのが烈火蒼炎、ダメなのが暁ifというイメージなのだが、風花雪月は普通の部類に入るかなという感じ。
不満点は無くもないが、おおよそ及第点を上回っているといった感じ。

5年後の姿を見た時には少し感動した。集まった理由は物語的に破綻しているけどね。
ただし、金鹿ルートでは語られないことが数点あったのが気になる。

主人公周りの出自、死神騎士?と光の矢、エーデルガルト周りが微妙だった。
他のルート回るかDLCで補完するのかな。

特に闇に蠢く者に関してはなんらかの追加がなされるはず。
あまりにも尻切れトンボすぎるし。

 

あと金鹿ルートは最初に選ぶべきではなかったかなと思った。
なぜ教団襲撃を行ったかが語られるであろうエーデルガルト、亡国の王子プレイできるディミトリ側に立ったほうがおもしろいだろう。

ルートによって展開は変わるかもしれないが、絶対そっちの方が面白いと思う。
クロードルート結構余裕な感じに思えてしまうんだよなあ。

ガルグ=マク大修道院のシステム

修道院システムは面白いけど大変。5年後はいらなかった気がする。ストーリー的に変だし、長い。イベントもほとんどない。
おまかせにすればいいんだけど、育成のさじ加減の調整は自分の手でやりたくなってしまう。

散策が結構だるかった。人のところにワープさせてほしい。
あとスカウトサボりすぎて金鹿のキャラ以外が出てこないか、敵に回ってて悲しかった。

先生たちくらいはイベントで返ってくると思ってたのに。初見殺しすぎる。
ハードでも十分クリアできる戦力はいたがやはりキャラが欲しかった。でもストーリー的に仕方ないか。

キャラ育成

キャラを育成するという点では、あまり好きになれなかった。
修道院のシステムが怠いのはともかく、クラスマスターのご褒美スキルが弱すぎる。

中級上級は鬼神の一撃とその魔法版以外ろくなものが取れなかった。せいぜい盗むくらい。最上級はとる時間がなく、終わった。
がんばって戦闘経験を積ませても、大したスキルが手に入らないのは虚しい。

武器レベルにも同じことが言える。最初はレベルを上げて覚える戦技にワクワクしたのだが、まともなものを覚えず結局最初のものを使いっぱなしだった。
おまけに訓練と鉄でほとんどクリアできてしまう難易度だったし、育成の楽しみが薄かった。

レベルが直接反映される魔法や指揮はともかく、武器レベルはクラスチェンジのためだけに上げている感覚に陥ってしまった。
クラスチェンジできることはかなり楽しいのですけどね。

ここらへんは初見プレイならではなんで、あとからデータでたら変わるかも。

 

ただし、支援は今作、最高だった。同じ学級の生徒同士ではほぼ全員できる上に中身が濃くおもしろい。
学級内のキャラは全キャラ好きになった。過去作のような極端なキャラクター付けがなく、丁寧作られていたのが好印象。

一つケチをつけるなら、結婚の法則がわからないところ、EDを見ると意図をしていない人物が結婚していた。
主人公は選べるのわかっていたけど、生徒は知らなかったので事前に知らせてほしかった。

黄色の戦闘バランス

たぶん戦闘バランスはめちゃくちゃ。自分が近接系の使い方わからないだけかもしれないけど、間接攻撃が強すぎる。特に弓と魔法。
弓は最初から戦技で3射程使えるのが強い。しかも、進めると通常攻撃で3射程使える職が出て、最終的に4射程の職が出る。強い。

魔法は魔導書を持参するシステムが無くなって、魔法のレベルに対して、供給されるようになった。ちなみに回復も。
よって惜しみなく使えるのが強い。金掛からないし。

 

そして金鹿のキャラだが、リシテアという魔法キャラが強すぎた。
高火力低守備のキャラなのだが、グロスタールの紋章を持ち、グロスタールの神器を使うとかなり強い。

グロスタールの神器は武器ではなく持ち物で無限に使える。そして持たせると魔法の射程が+2される。
これが強く数々のネームドを倒していく最強の魔法使いだった。

しかも、あの悪名高いルナを覚えてしまうという。命中と必殺率は下がったがまだ強い。
というかほかの魔法も強い。とにかく強かった。ハードのラスボスも一人で半分のダメージを与えていた。

ただし紋章はローレンツの外伝で手に入れたのでスカウトするなら注意。

 

あと今回、騎乗系の職が強い。最上級職が馬、竜ペガサスで埋ばかりで最終的にそのような職になるようにしていたので、歩兵と比較する意味がないかもしれないが。
単純に機動力もあるし、降りる乗るがノーターンで使い分けられるようになった。都合のいいように乗り降りできるのはかなり強い。

救出防陣がないため今作は移動力が正義。

しかも降りた後に大したデメリットがあるわけではないので最強。

戦闘不満点

今回の戦闘には不満が多い。まず、大型魔獣。説明不足でよくわからない。
急にダメージが効いたり効かなかったり。なんだかわからない。

 

次に必殺回避。表示されていないのと、計算式がわからないのでどのくらいなのかが、まったくわからない。
それなのに敵の必殺率は高めで何度かリセットするはめになった。

下げる手段も少ないように見えた。支援とか防陣、武器の必殺回避がない?ので本当につらい。
気づかなかっただけで何かしら方法があったのだろうか?毎シリーズ思うのだが計算式と数字を作中で教えてほしい。

 

あと戦技、計略。戦技は前述したけど同じのしか使わない。計略はあまり使わない。間接攻撃した方が強い。
戦略の幅が広がるシステムだと思っていたので残念だった。

最後に救出、攻陣防陣がないこと。普通にあった方がよかった。複雑になるからやめたのかな?

最後に

不満点ばかり書いてしまったが面白かった。つまらないなんてことはないと思う。
FEのなかでも面白い方。個人的には暗夜聖戦が好きなのだが、それには劣るかなって感じ。

スイッチ持っていて暇ならぜひプレイしてみてほしいってレベル。