日高屋の『ガパオ汁なし麺』はまずい?うまい?食べてきたので感想を

日高に行ったら期間限定メニューの『ガパオ汁なし麺』が発売されていたので食べてきました。

ガパオ汁なし麺 5/24より期間限定発売!
ガパオライスを日高屋風にアレンジして汁なし麺にしました。
「ピリッ」とくる辛さが癖になる、ボリューム満点の南国風まぜそばです。

5/24(金)より期間限定発売です。
ぜひご賞味ください。

日高屋ホームページより)

ガパオってなんだろうって調べたら、タイの料理らしいですね。意味はハーブらしい。日本で言いうところのバジル。
遠巻きから見るとマーボー麺みたいだと思ったのですが、全然違いますね。

そんな予備知識や見た目は置いといて実物の感想へ移りたいと思います。

『ガパオ汁なし麺』はいろんな意味で予想とは違った

頼んで数分出てきたのがこれ。

量は普通盛り。というか大盛にできない。大盛り無料チケットがもったいない感がある。

写真で撮ったのと実物を見たので違いがあります。思ったより色が濃くないです。あめ色に近い色でした。
そして白いのは鶏肉だったのですね。気が付きませんでした。

麺ときゅうりにとろみのついた餡が乗った汁なし麺。
餡の中に入っている野菜はたまねぎやズッキーニ?みたいな緑の野菜等。

そんなわけで実食。
食べてみるとバジルの味はしない、とろみのある汁なし麺。

う~ん。個人的にはグッとくるものがないかな。エスニックに振り切ったわけでもなく、ピリ辛程度の味付け。
胃袋をつかむようなガッツリ感もない。

少し麺がべたついて食べにくいのもマイナス。これは自分がカレーライス形式で食べたからかもしれませんが。

ほかのメニューの方がおいしいかなと思ったのでリピートはないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。