Vtuberはオワコン!?どうして飽きられたのかを考察してみた

Vtuberという名が広まったのは2018年初旬くらいでしょうか?
当時、キズナアイがニコニコ動画で野獣先輩の名を読み上げたか何かで話題になったのを覚えています。

https://upd8.jp/virtual_talent/kizunaai.html

その後、Vtuber四天王が誕生し、かなり流行っていました。

しかし、現在は飽きただの、オワコンだと一部の人間から蔑まれています。動画の再生数も下火。
どうしてこうなってしまったのか考察していきたいと思います。

オワコン理由の考察

そもそも物珍しいだけだった

https://www.kaguyaluna.jp/profile/

Vtuberが流行りだしたときはみんな面白いと言っていたのですが、時がたつにつれ正当な評価を下され始めた気がします。
出た当初は、とにかく新鮮だったのですよねVtuber。

いままでにないYoutubeスタイルで現れたので新世代の幕開けだと思いました。
最初は機械にしゃべらせているのかと思ったら、人間がしゃべっているというギャップで笑えましたし、楽しかったです。

でも結局のところ、ただ人が着ぐるみかぶってYoutubeやっているだけなんですよね。

増えすぎて飽和した

https://nijisanji.ichikara.co.jp/member/

人が増えすぎて飽和した感があります。最初はVtuberというだけで注目されていたのにどんどん人が増えて、埋もれていくようになりました。
現在では6000人を超えているらしいです。そして、人気を得るために奇抜なVtuberが作られたイメージがあります。

そうなると次の問題が発生します。

Vtuberが動画を上げないから飽きた

Vtuberが動画を上げなくなりました。そこには2つ理由があると思います。

1つは、単純にVtuberが動画をつくるは難しいということ。
本業Vtuberですらネタ切れでドッキリ祭りになっているのに、外に出れないVtuberはもっと難しい。

せいぜいできても歌、ゲーム、何かを語るくらいしかないと思います。それと生放送が強いので(後述)

特に奇抜なVtuberの方は、奇抜すぎる個性を持っているので、ネタを作るのが難しいと思います。

 

2つめは上位のVtuberが案件で忙しいということ。
最初期に名前が挙がったVtuberはほとんど企業所属で頻繁に案件を受けているイメージがあります。

やっぱり案件を受けていると作業時間が減ってしまうので、ただでさえ動画作成の難易度の高さが相まってYoutube投稿が減ってしまいます。

中の人問題

https://nijisanji.ichikara.co.jp/member/mito-tsukino/

どんなVtuberでも当然中の人が存在していて、インターネット内で簡単に掘り当てられてしまうのですよね。
顔が悪い人ばかりとはいいませんが、どうしても絵がかわいい、かっこいいので印象が悪くなってしまいます。

そもそもおもしろい、かっこいい、かわいい人ならVtuberをしない

Vtuberになる人間は、動画や生放送を過去にしていたことが多いのです。
もちろん人気を得ていたら、Vtuberになることはないので、動画や生放送で売れなかった人間がVtuberになる傾向があります。

そのため本当におもしろい、かっこいい、かわいい人はVtuberに存在しません。いてもかなりまれなことだと思います。
いまやスマホ1個で配信、動画を作ることができる時代。本当にできる奴はほかのことで才能を見出されていると考えられます。

「バーチャルさんはみている」の失敗

http://dwango.co.jp/pi/ns/2019/0109/index.html

Vtuberアニメがほんとうにつまらなかったです。内輪ネタで10年前くらいのアニメかってくらいの滑りようでした。

Vtuberの人気コンテンツ

ここまでオワコンの理由を書いてきたので最後に人気なコンテンツを書いていきたいと思います。

ゲーム部プロジェクトの動画

https://gameclubproject.jp/gallery/

いまやVtuber界で動画再生数1強となったのがゲーム部プロジェクト。
ゲームや茶番動画を上げているグループVtuberです。

その特徴はゲームをガチでやること、アニメよりのVtuberであることです。
とくに部長の夢咲楓はポケモンのガチ勢でランキング一けたに乗るくらいのランカー。

茶番のかけあいもしっかりつくられており、毎日投稿。しかも、比較的丁寧に作られているのが人気の理由と言えるでしょう。

生放送のグループ実況

Vtuber界隈では生放送が賑わっています。
Vtuberのグループ(通称 箱)の人気が高まっており、コラボで人の確保のしやすさが段違いだからです。

最初期に売れたメンバーが後続のメンバーとコラボすることで人を回している印象。

さらにリアルタイムでコメントを拾うことで面白くできるということもあります。
そしてなにより、スーパーチャット(投げ銭)をたくさんもらえるというのも大きな要因でしょう。

なんと月100万以上を超えるお金が投げられることもある夢のある世界です。
企業側としてはこれほどありがたいことはないでしょう。

最後に

これからも徐々に人が減るのかなと思います。
生放送が流行っているので、アーカイブが長く新規が入りにくくなるでしょうし。

しかし、減少量自体はゆるやかに落ちていくと予想します。
生放送には長時間プレイ特有の中毒要素がありますし、グループ内のメンバーを見て回ることで飽きが来にくいからです。

実際のところはどうなんでしょうね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。