【アニメ】『ガーリー・エアフォース』 評価・感想 グリペンかわいい

サテライト制作の2019年冬アニメ『ガーリー・エアフォース』を見終えました。
原作はKADOKAWAのライトノベルだそうです。

では早速、感想を綴っていきたいと思います。

グリペンがかわいい!!!

最初、落ちたグリペンが主人公にキスを迫ります。
正直、糞アニメかな?と思いましたが、最後まで見てみると結構楽しめました。

というのも、グリペンがかわいいというところが大きかったような気がします。
もちろんSF部分にも面白いところがあったのですが、一番はグリペンかなと。

顔の表情の変化の絵がよくできていたのが良かったのでしょうか?
ほがらかな態度と合わせて、とても魅力的でした。

アニマという設定が良かった

アニマというSF部分が良かったですね。このアニメではザイのことは全然わからないで終わったのですが、アニマと主人公の関係や八代通の世界感説明には惹き込まれました。
正直、この少数精鋭で勝てるの?と疑問を呈すところがありましたが、実際に戦闘で圧倒的な戦力を見せるのは面白かったです。

特にファントムのキャラクター性や設定が面白かったです。食えない性格なのに挑発に乗りやすい、でも味方になると頼もしい。
キャラクターが立っていたおかげで中盤の模擬戦および、その後の戦いが盛り上がりました。

イーグルは微妙な感じ。アニメ後の原作に活躍するのかな?やたらと幼い性格でいまいちつかみどころがなかった印象です。

終盤はう~ん

終盤はちょっと苦手な感じでした。主人公が幼馴染にめちゃくちゃ言ったり、ライノが狂ったり。
話が橋渡し的なものだったのかな?最終話のドッグファイトは良かったのですが、ライノと中国に降り立つ話はイマイチ。

中盤がおもしろかったという反動があるからかもしれません。
ライノにセキリュティがかけられていたという話もうまく呑み込めなかったです。

感想・評価

批判的な感想も書きましたが、結構おもしろかった印象があります。
好きになれたキャラクターがいましたし、作画、OPEDどれも良好でした。

10点満点中7点くらいでしょうか。楽しめました。