『けものフレンズ2』第10話 絵からセルリアン?【感想】

前回はアルマーさんとセンちゃんに連れられて、イエイヌと出会うキュルル。しかし最終的に人にいないおうちに置いてきぼりにするという、とんでもないストーリーでした。
思ったより悪い意味で反響が大きかったらしく、ネットでキュルルや監督がたたかれていました。

そんなわけでけものフレンズ2が脚光を浴びた中、第10話放送。
感想を綴っていきたいと思います。

スケッチブック捜索

前回、カラカルたちがビーストに襲われているキュルルたちを助けにきました。
その際、スケッチブックを落としてしまうカラカルたち。

キュルル、サーバル、カラカルは3つに別れてスケッチブックを探すことに。
夜の森をひとり歩くキュルル。暗すぎて探索なんてできないし、ビースト警戒するために一晩明かすべきだと思うのですが。

 

キュルルが歩いていると、うしろから「お前は人だな」と声をかけれられる。
声をかけたのはカタカケフウチョウ、カンザシフウチョウ。

このフレンズたちの声優はEDを歌っている二人だそうです。
カタカケフウチョウ、カンザシフウチョウは「探しているのはこれか?」とスケッチブックを渡してくれました。

 

スケッチブックはなぜ大事なのかと問われるキュルル。
おうちに帰れなくなるからと答えるのですが、おうちはキュルルにとって何なのか?と聞かれると曖昧な言葉でしか表現できず悩むことに。

おうちに帰るのをあきらめて、パークに定住するなんて展開があるのかもしれません。

リョコウバト登場

キュルルがサーバル、カラカルと合流。唐突にリョコウバトが登場。
パーク中を旅しているフレンズだと自己紹介。キュルルが観覧車の絵を見せると、ジャパリホテルで近いものを見たといいます。

ほかの絵も見せればいいのに。

リョコウバトとのひと悶着が終わるとイエイヌが登場。
「行ってしまったんですね」とつぶやくとドアが開いた音がして暗転。

なにかの伏線なんですかね?
とんでもない別れ方をしてので救われるといいのですが。

ジャパリホテル

ジャパリホテルに舞台は移り、ブタ、ハブ、オオミミギツネが登場。
ホテルが海に沈んでしまったということが語られます。話の後に海のセルリアンが窓の外を横切ります。しかし、気づかないオオミミギツネ。

キュルルたちに視点が移ります。呼び出し鈴を鳴らし続けるサーバルとカラカル。
するとオオミミギツネが登場。案内をしてくれます。

 

窓からの眺めを楽しんだ後、ハブがお土産屋を見せてくれます。
中には意味深なぬいぐるみが。数が違うのですが、生息数によって違う?のですかね。

お土産屋で時間を潰していると、オオミミギツネがスイートルームに案内してくれます。
そこでキュルルはリョコウバトと会話。リョコウバトの絵を書くことを約束します。

その後、ホテルの施設をまわります。中にはプールとビリヤード場がありました。

キュルルたちが遊んでいる一方、ブタが掃除をしていると、窓の外にセルリアンが。
ラスボスにでもなるのですかね?

アライさん、フェネック登場

CM明けに、出てきたのはアライさん、フェネック。
センちゃんと、アルマーさんが探偵業を営むわすれものセンターに足を運んでいるようです。

でてくるの遅すぎない?しかも、アライさん声が違う。

なんかワンオクターブキンキン声にしたような感じ。違和感。
アライさんとフェネックが自分に似たセルリアンがいると言います。

 

場面が変わり、博士とかばんちゃんのターン。
かばんちゃんがキュルルからもらった絵を切り取り、その一部にセルリウムをかけると絵からセルリアンが。

絵から出てきたセルリアンに襲われるかばんちゃん達。しかし、現れたアライさんが一発でセルリアンを消滅させました。
ひと段落して、アライさん、フェネック、アルマーさん、センちゃんとお茶をすする博士とかばんちゃん。
人の思入れがあるものをコピーしたセルリアンは強くなるとかばんちゃんが話します。

スケッチブックにフレンズを描く、キュルルが危ないということでキュルルを追うこととなりました。

キュルル水没

舞台はジャパリホテルの話に戻ります。リョコウバトのために絵を描くキュルル。
描き終えると観覧車と遊園地が沈んでいるの気づく。

リョコウバトが部屋の中に入ってきたので絵を渡すキュルル。
そこには今まで出会ったフレンズとリョコウバトが。いつかセルリアン化しそうですね。

そして、お礼としてリョコウバトが旅の話をすることに。
キュルルは人がいた場所はあったかと聞きます。

かばんちゃんにもその質問しとけよキュルル。

リョコウバトは人のいた地に行ったことがないと話します。

 

夜が更けてサーバルが起きるとキュルルが居なくなっていました。

サーバルが探すと、飛行機の羽の先で考えことをしているキュルル。
おうちがないのではと思い詰めているようです。

サーバルにやさしい言葉をかけられても、もういいと切り捨てるキュルル。
飛行機の羽から戻ろうと、キュルルが歩くと羽が崩れて海に沈んでしまう。

迷惑すぎるでしょ、キュルル

感想

旅の締めくくりに入ってきましたね。
今後の話にかかわってきそうなのは3点。

①キュルルのおうちは見つかるのか?

②セルリアンがどうなるのか?

③キュルルは助かるのか?

 

①おうちは見つからなそう。ここまで人の影はかばんちゃんだけですし、かばんちゃんも人を探すことをあきらめているのか定住していますし。

②セルリアンはまた一期みたいに全員集合で倒すのかな?
思入れのあるフレンズが少なくて演出としては微妙な気がしますが・・・。

③キュルルは海底でフレンズに会って助けられるのではないかと思います。
海中系の伏線がぜんぜん回収されてませんしなにかあるんじゃないかなあ?

 

なんだかんだでけものフレンズもあと2話。どう話を締めるのか楽しみです。

関連記事

けものフレンズ第11話見終えました。第10話ではキュルルがリョコウバトに絵を書き終えた後、海に落ちていくという展開に。第9話以降作品たたきが多くなった印象ですが、今回はいったいどういう物語を見せてくれたのか、感想を書いていき[…]