『けものフレンズ2』第8話 セルリアン謎すぎる【感想】

けものフレンズ第8話視聴しました。

前回はチーターとプロングホーンの対決を終えてキュルルがトラクターを手に入れたところで終了。
番組を見終えた後に感想を調べてみると脚本がガバガバだとかG・ロードランナーがゴマすりクソバードだとかネタにされていて面白かったです。

さて、第8話はどうだったか感想を綴っていきたいと思います。

センちゃんとアルマー再登場

相変わらずの一分あらすじを流した後に、センちゃんとアルマーが。
アルマーはPPPのファンで新曲を歌っています。

しかし、ファンの割にはのちのち問題行為を起こします。

マーゲイ登場!!!

トラクターが無くなった描写なしでキュルルたちは歩いて登場。
早速、マーゲイを発見します。急にお芝居のオーディションを受けることに。

たぬき、パフィン、トキが出てきます。しかしめちゃくちゃな演技しかできません。そのような演技をした出演者たちにオーディションを受けた理由を聞くマーゲイ。
フレンズたちはジャパリマン目当てと答える。なんだそれは。
しかも、トキにその役割やらせるのまずいだろ。一期ファンを失望させるのはいろいろまずいぞ。

キュルルたちがオーディションを受ける手前にキュルルたちは博士の知り合いだとマーゲイに打ち明けます。
なんでいまさら。けものフレンズ2はどうも話す順序が前後する話が多い気がします。

そういう不自然な仕草で話を作らない方が良いと思うのですがね。

しかもお家を探しているということをマーゲイに言うと、PPPのファンに聞けと言われます。
こんな、たらいまわしアニメとしてありなのか?しかも代わりとして芝居に付き合うこととなります。

PPPとの芝居

一方そのころ、PPPはライブの練習をしています。しかし口パクなしで歌っているからとてもシュール。

芝居の予行練習をするとPPPにライブに集中したいと言われるマーゲイ。
若干のギスギス感。こういうときこそキュルルが何か提案してあげればいいのに。

PPPのライブ本番

ライブ直前でキュルルの場所を聞くためにPPPに襲い掛かるアルマーとセンちゃん。
PPP好きと言ってたのはいったい何だったのか。

芝居をやることになったキュルルたち。おせっかいにもほどあると思うのですが。
練習していないのに、突発でやることではないでしょ。

そして謎に現れるセルリアン。

ええええええええええええええ

今回おかしいよ。セルリアン棒立ちだし。
しかもマーゲイの説明で5人の戦士(PPP)が現れたと言っているのに、セルリアンを倒したのにサーバルとカラカル。

しかし、その後のPPPのライブはかなりよかったです。
出来の良い振り付けで驚きました。すばらしい。

そして、ライブが終わるとセンちゃん、アルマーに連れていかれるキュルル。
抵抗とかしないのですかね?変な檻に捕まっていましたけど。

最後に

PPPのライブシーン以外はちゃめちゃでした。
ここまで全編につっこみどころがあるのは、すごいです。

まあPPPのライブシーンがよかったので、まあいいかって感じ。

さて、キュルルは連れていかれましたが、来週はどうなるのでしょうか?
話の終点が見えてきたりするのでしょうか?楽しみです。

関連記事

前回、マーゲイとPPPに出会い、歌の前のお芝居を手伝ったキュルルたち。しかし、最後にキュルルはセンちゃんとアルマーさんに連れ去られてしまいました。種明かしになると思っていた今回。しかし、いざ見てみると大変なことに。[…]