【小説】『悪の教典』 貴志祐介の作るサイコパスはやっぱり面白い!【感想】

貴志 祐介さんの「悪の教典」読了させていただきました。とてもおもしろかったです。
この作者さんの小説はいくつか読ませていただいたのですが、どれもはずれがないですね。

主人公がサイコパス

 世の中に不満があるなら自分を変えろ。それが嫌なら耳と目を閉じ、口をつぐんで孤独に暮らせ。それも嫌なら…

攻殻機動隊というアニメで第1話でこの言葉が語られます。蓮実聖司とは、真逆の考え方ですね。

蓮実聖司は32歳の教員。しかし、とんでもないサイコパス。自分さえ良ければ構わないそんな自己中心的な考え方を持ち合わせています。
その行動力は異常で、子供がありを踏み潰すように人を殺していきます。

彼は自分を変えようとは一切しません。その場しのぎで、ごまかすことはありますが、ささいなことでも耐えることをしないのです。
しかし、そのことが人間としての魅力、本作の面白さとなっていましたね。

障害と解決法の連続が目まぐるしく続くので、最初から最後までだれるポイントがなかったです。

悪の教典 上

上巻では、淡々と蓮実聖司の犯罪が語られていきます。
どれも事前に練られているもので、完成度の高いものとなっていました。

火災、退学、飲酒運転、自殺に見せかけるさまはなんともいえない響きを頭に残していきます。
どれも大胆なものなのに、なぜか蓮実聖司が起こしたものだと気づかない。

その不自然さに納得のいく文章を綴れるのはさすがといったところ。
アイデアもすごい。なんでこんなこと思いつくのだろうと思うことばかりでした。

悪の教典 下

上巻では蓮実聖司は最高の殺人を演じきっていたものの、圭介に関する小さなほつれからどん底に落ちてしまいます。
安原美彌を殺すも失敗、永井あゆみに血を見られることで、大量殺人が起こっていしまいました。

そしてラスト、生き残りを残し、AEDでの音声が残っていることが示されます。
普通の人間の感情を持ち合わせていなかったせいで起こってしましました。

皮肉が効いてて、おもしろい終わり方ですね。

感想

エンターテインメント性が抜群の作品。主人公、蓮実聖司が困難に立ち向かっていく姿は絵になりますね。
蓮実聖司の姿には二つの魅力があると思います。一つは圧倒的な頭脳。もう一つはその社会に向かっていく姿です。

頭脳に関しては言わずもがなだと思いますが、とにかく人を嵌める方法がすごい。
この学校やたら隙を見せる人物が多いのも悪いとは思いますが、心理学の知識や小道具を利用して迫っていくのは恐ろしさを感じます。

話の中で出てくるバウムテストやTAT、電波妨害装置、ブラックジャック。聞いたことないものやアイデアのすごいもので盛りだくさんでした。
そういう道具がふんだんに使われている上巻の方が自分は好きです。

ただ、邪魔だからという理由で人を蹴散らす蓮実聖司には爽快感を感じました。
かといって別に自分はサイコパスというわけではありません。

実社会ではなにかしらの悩みに追われているわけでして、心理学者アドラー曰く「人間の悩みは全て対人関係の悩みである」とされています。
蓮実聖司は、そのしがらみをすべて解放してくれるのです。

作中で蓮実聖司、生徒や同僚、親友、親でさえもリセットしてしまいます。その行動力には感銘を受けました。
けっして僕だけではないと思います。最近は自分が異世界に転生して、社会の主体になれるなろう小説なるものが流行っていますし。

誰しもがもつ、こころを代弁しているのです。そのことがおもしろさを倍増させている気がします。
ところで続きが出るかか出ないかわからないような終わり方をしていたのはどうなんでしょうか?

ここまでうまくまとめたから出さなくても良いと思う反面、続きが見たいという気持ちがあります。
新作はどうなるのでしょうね。