『ケムリクサ』第2話 感想 OPがバトルものっぽい

ケムリクサ2話見終わったので感想を述べたいと思います。
すごく面白かったです。というよりワクワクしますね。チュートリアルが終わった感じで来週が楽しみです。

それでは振り返ってみましょう!!!

ストーリー

アカムシとの戦いを終えた凛。凛と律で今後について話し合う。とどまるか、他の島に行くか二つに一つの選択を律が凛にゆだねる。
選択はあとにして、キイロを取りに行く凛とわかば。道中2種類のムシに遭遇する。主人公を襲うアカムシ、なにもしてこない青いムシである。

わかばにケムリクサを吹きかけるも苦しむどころか、傷が回復するわかば。ヒトでもムシでもない?
キイロを回収。そのとき凛に赤のケムリクサが透けて見えるわかば。

わかばが拾った青のケムリクサを光らせる。そして凛は外の島に出ることを選択。かっこいいOPが流れて終了。

ケムリクサの正体は?

こんかいはケムリクサについての謎が提示されましたね。青のケムリクサ、リンに透ける赤のケムリクサ。
穏やかな方のムシは青色で光っていて、凶暴な方は赤になっていました。関係はあるのでしょうか?

また律が何色かわざわざ、凛に聞いたのが気になります。色がわからないのかな?

外の島

もともと6人だったそうなのですが、他の島に行ったとき、仲間が死んでしまったとのことです。鳴(リナ)の存在はなんなんでしょうか?
外の島に出ると誰かが死ぬと伏線のようなものを貼っていますが、律が死ぬのかな?

島は6の島まであるらしく、6の島には湖があるそうです。どうやってその情報を知ったのでしょうか?
そして本当に湖はあるのか?気になるところですね。

あと移動がレールに沿った移動でした。自立で動くバスだと認識していたのですがそうではないらしいです。
ミドリで足をはやして動けますが燃費は悪いのかな?

最後に

話としては特に進展がなく、説明回となりましたがワクワクがすごいです。
外の島にはなにがあるのでしょうか?また、OPのようにバトルが中心になるのでしょうか?

何にせよかなり楽しみです。来週のケムリクサに期待します。