謎肉丼、レビュー。うまいけど、値段高い!【感想】

  • 2018年12月20日
  • 2019年2月17日
  • グルメ

今日の夕食何にしようかな?なんて考えてスーパーに行くと、大きなポップで宣伝されていたのがコレ。謎肉丼。

f:id:degu105:20181220203117j:plain

250円+いくらかで売っていた。カップにしては結構、値が張っている。

栄養の偏りが気になるところでは、あったが家に帰って早速実食。

f:id:degu105:20181220203417j:plain

熱湯は5分、お湯は190ml。ご飯だからこそ、要求される水の量が少ない。当然だが。

電子ケトルでお湯を沸かし、待つこと5分。完成。ご飯を掻き込む。

f:id:degu105:20181220204210j:plain

味は、しょうゆのカップヌードルのスープにご飯を入れたものに近いかな?

結構うまい。しかし注意してほしいのがお湯に入れる前に横に振るということ。

それをしなかったせいか、すこしパリパリだった。蓋に書いてあるとおりにしないと、たぶんうまくご飯がお湯に馴染まない。

謎肉丼をうたっているのだが、意外にも謎肉の感触は少ない。ご飯を掻き込むこととなるので、米に謎肉が埋もれてしまうのだ。

謎肉自体はご飯の中に結構あるのだが、一粒が小さいのもあって、肉要素は薄い感じ。

カップヌードルの謎肉は、麺に飽きたくらいに食べるとおいしいのだが、謎肉丼は飯と肉が同化してしまっている。

そんなんで完食。食べ終わった感想としては、これ食うならカップヌードルでいいわ。

250円は少し高い。カップヌードルの方が謎肉として楽しめて、うまい。

まずくはない。まずくはなく、むしろうまいのだが、とびぬけている感じはないってのが僕の率直な意見です。

そもそも日清のカップヌードルが好きなので相対的に微妙って感じです。みなさんはどう感じたのでしょうか?