【御徒町】麺屋武蔵 無骨。つけ麺、極上チャーシューと背油スープ

2019年2月19日

今年も、もう12月。しかし、やっとのことで冬になったと思ったら、謎の暖かさ。

日本どうなってしまうのでしょう?

おかしいですね。

しかし冬服がない僕にとっては好都合。ラフな秋服で出かけられます。

それでも、また寒くなってしまうので今のうちに冬服を。ということで御徒町のユニクロにやってきました。

ある程度服を揃えて、向かうのはもちろんラーメン屋。

御徒町駅から3分ほどにある麺屋武蔵 無骨さんにお邪魔させてもらいました。

商店街近くの店内へ

御徒町駅と近くの麺屋武蔵 無骨はかなり近くにあります。

東京にくるとすぐ迷う自分ですが、マップで確認したら、簡単に場所がわかりました。

訪れたのは2時ごろ。中に人が並んでいましたが行列はできてなかったです(平日)

f:id:degu105:20181205194801j:plain

看板がかっこいい。ということで暖簾をくぐりいざ店内へ。

店内の状況

入ってすぐ右手には食券販売機があります。何を食べるか迷ったもののつけ麺をチョイス。味玉くらい付けたほうがよかったかな?

カウンター席はいっぱいだったので多少まちぼうけ。その間に観察すると店内はカウンター席のみ。10とちょっとくらいでしょうか?

そんなことを考えているとすぐに席を案内される。席に着くと、すぐにラーメンの量どうしますか?と聞かれる。

食券を見ると並、中、大選べるようだ。僕はガリガリなので並を選びました。ここは食べられる量に合わせてください。

そしてスマホをいじること10分。ついにラーメンがやってきました。

つけ麺実食、感想など

f:id:degu105:20181205194516j:plain

うまそう。見た目からして好き。太い麺に背油の乗ったスープ。

昼時にこんなの見せられたらガッツクに決まってますね。

麺を箸でつまみ、つけ汁に浸して食べると

うん、おいしい!!!

太い麺に背油スープが絡みついて絶妙なハーモニーを醸し出す。

なんのダシを取っているかわからなかったがとにかくおいしい。

後に調べてみると鶏ガラ豚骨からとった動物系スープと、煮干しからとる魚介系スープを組み合わせたもののようだ。

うまみが強く、麺をすするごとに幸せを感じる。また、つけ汁には背油と玉ねぎの小さく切ったものが入れられている。

このおかげでスープを飲んだときにシャキシャキと脂の風味が混ざり合い、最高の味のインパクトを残すことに成功している。

麺を一通りに食べたあと、つけ麺の具を食べる。まず太めのメンマ。

ちょうどいい味付けでコリコリがたまらない。つけ汁とよく合う最高のわき役だ。

次にチャーシュー。チャーシューというよりは角煮のような、かたまり肉。

つけ汁につけると、うまみと脂肪のトロトロがうまく混ざりおいしい。

たまにはこういうチャーシューもいいものだと思った。

話は変わるがつけ汁のおかわりが一回だけ可能なようだ。別のお客さんが頼んでいたのを目撃。

さすがに塩分の取りすぎになるので控えておいたが、といったところであっという間に吸い終わり完食。

今度来たら麺屋武蔵 無骨限定のメニューでも頼んでみようかな。