サブウェイが日本で不調。週3ほどで通っていた僕が良い点、悪い点をふまえて考察します

どうも、みなさんサブウェイ食べてますか?最近はあまり食べてないのですが、昔は結構食べてました。
が、そのことを友人に言うと、不思議がられました。世間一般の目線だとサブウェイが好きは珍しいそうです。

ネットニュースを見ると、海外では割と人気らしいのですが、日本ではあまり人気がないそうです。
なぜそのような状況になっているかを良いところ悪いところから、考察していきたいと思います

良い点

  • 大量の野菜、ヘルシー
  • 組み合わせが多い
  • ポテトがうまい

まず良い点としてあげられるのが大量の野菜。レギュラーサイズかなり野菜が入っているいます。
野菜多めというとなんと、1.5倍になります。さらに、野菜上限までというと2.0倍にまでなるとか。

約500円くらいのサイズで大量の野菜を食べられるのは、サブウェイくらいでしょう。

また、多くの組み合わせを試せるのもおもしろいです。
ブレッド(パンの生地)を5種類、ドレッシングを9種類から選べます。

有料ですがトッピングもありますので、組み合わせはかなり多いといえるでしょう。

ポテトもおいしいです。マックと違って大きく切られたホクホク系のポテトです。
味も4種類から選べるのがGood。個人的にはかなり好きな部類に入ります。

悪い点

  • 注文してからが遅い
  • 受け答えの能力が必要
  • ヘルシーすぎる
  • 日替わりセットが微妙

注文から出てくるのが遅いです。僕はフードコートでよく食べます。

注文して出来上がりを待つ形式だったら、イスに座って待てるのですが、リアルタイムでサンドイッチを作る工程を見なければなりません。
しかも1つ1つ丁寧に作るので結構待ちます。

また、メニューの注文が初心者に厳しいです。受け答えの能力が求められるといえるでしょう。

自由度が高すぎるので、店員さんがサンドイッチを作る間に、たくさんのことを聞かれます。
どのタイミングで何を聞かれるか把握すると楽しいのですが、最初は緊張すると思います。

あとヘルシーすぎるのも欠点です。
ヘルシーさは良い点と悪い点、両方になりえますが、悪い言い方をすると、サブウェイはお腹いっぱいになりません。

あと、サブウェイには日替わりセットがあるのですが、自由度が低すぎます。
曜日ごとにサンドウィッチの味が決まっているので、食べたくない種類の日に行くとがっかりします。

個人的に改善してほしいです。

これらを踏まえて

一番の客離れの要因としてサンドイッチの自由度が高すぎて注文が難しいところが、日本人に合ってません。

このことが客離れの原因かなと思います。

また別の視点で考えると、日本ではサンドウィッチとハンバーガーというジャンルが混同しているように思えます。

外食でサンドウィッチが食べられるという文化が根付いていないためでしょう。
海外ではそんなことはないと思うので、その差も日本サブウェイの衰退の原因になった気がします。

ただ、僕はサブウェイが大好きなので、もっとうまく展開して野菜を食べさせてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。